トラベラーズノートにアナログを一元化したらスッキリした



Keep a notebook

持ち歩くノート・手帳類を、トラベラーズノートに一元化することにしました。正確に言うと、ミーティングメモや電話メモなどで別のノートやメモパッドも使うけど、それらはデジタル化して捨ててしまうので、「紙」媒体として持ち歩くものは、基本トラベラーズノートのみ。

これまでは、プライベート用と仕事用とで各1冊ずつ運用していました。しかし、仕事上のメモって、後でデジタル化して検索がかけられるようにしないといけないから、仕事で保存目的のアナログノートが必要なくなってきました。もう、そこらへんの紙に書いて、スキャンしてEvernoteに突っ込んでおけばいいんじゃないかと。また、仕事とプライベートの区別があるとはいえ、時系列で記録していくノートが2つ以上あると、後からノートを遡るときに、どっちに書いたっけ?と迷うので、非効率に感じます。

そんなわけで、仕事やプライベート関わらず、思ったこと・気づいたことをシンプルに時系列で書いていくノートが一冊あれば事足りるようになってきました。

あともう一冊、頻繁に見返したい情報も、仕事・プライベート関係なく1冊にまとめることにしました。勉強ノートであったり、仕事上のプロジェクトの俯瞰であったりが、ごちゃまぜになってもいいじゃないかと。逆に、それらが何冊も分冊されていると、「頻繁に見返す」という行為自体ができなくなりそうだからです。

iPhone6+を使うようになって、カレンダーやEvernoteその他ドキュメント類も見やすいため、もはや手帳もノート要らないと思っています(仕事でクラウドを使えるならば) しかし、やっぱり「自由度の高いツール」としてのアナログのノートは辞めれません。それならば、いろんなノートは使うけども、最終的には、デジタル(Evernote)か、トラベラーズノートかに、情報を集約していくシンプルなスタイルで行こうと思っています。

 

以上、だらだらと長文になってしまいましたが、以下、トラベラーズノートの具体的な使い方を参考までに。

IMG_6718

現在のトラベラーズノート(レギュラー黒)。使用歴は3年位。使う筆記具は、万年筆とJETSTREAM(0.7)です。

 

IMG_6726

分かりにくいけど、リフィルを留めるゴムは3本通しています。リフィルの構成は、一番外側にジップファイルとカードホルダー、リフィルは、カクリエを2冊挟んでいます。

 

IMG_6719

1ページ目、一番最初に見えるクリアホルダー(ジップファイルの逆側)には、写真やポストカードなどテンションが上がる紙ものを入れています。

 

IMG_6720

2ページ目、クリアホルダーの裏側のポケットには、地図やシール類。カードホルダーの最初のページには、旅先で貰ったカードなどテンションが上がるものを。

 

IMG_6721

カクリエ1冊目は、仕事・プライベート兼用の「ログノート」。万年筆で書いています。カクリエは、インクが裏抜けするけど、文字をギッシリ書くので、両面書くとあまり気になりません。軽量紙を使ってたけど、水ですぐにじみ、マーカーが引けないので、使用を止めました。カクリエは裏抜けする分、紙にしっかりインクが浸透しているので、水性マーカーが使えます。

カクリエ2冊めは、繰り返し参照する情報を集めた「まとめノート」。JETSTREAMで書いています。勉強(読書)ノートから、仕事のプロジェクトの概要やスキームなどをまとめています。

 

 

IMG_6724

留めゴムの最後の1本を使って、レジュメなどを挟んで留めています。カードホルダーには、ホテルの会員カードや、ガソリン・ETCのカードなど、旅や出張先で必要になるカード類を入れています。

 

IMG_6725

ジップファイルは、出張時の領収書入れです。中身が見えるので、申請漏れを防止できます。

 

IMG_6727

さすがに、すぐに取り出して使えるサイズではないので、とっさのメモはFIELD NOTESを使うことが多いです。FIELD NOTESは薄いので、ポケットに入れておくか、トラベラーズノートに挟んで鞄に入れておきます。トラベラーズノートに全てアナログを収納しておくと、出先でかなり便利なのでおすすめです。

あと、最近気になるのが、モレスキンの「チャプターズジャーナル」 トラベラーズノートの純正リフィルが、210×110にに対し、チャプターズジャーナルの「スリムラージ」が、210×115と、ほぼ同サイズ。2冊目の「まとめノート」として使ってみたいなぁ。

 

 


 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation