まっさらなノートをガシガシ使いはじめるための5つの流儀

20150912152934

 

日付のある手帳と違って、まっさらなノートを使いはじめるのは、なかなか勇気が要りますよね。モレスキンのような高級でページ数が多いノートだと尚更だと思います。

以下、自分流ではありますが、何となくノートを買ったけど、なかなか使い出せない方の参考になれば幸いです。

 

 

①最初に、書く内容のハードルを明確にする

「とにかく何でも書く」か「目的をもって書く」かの完全二択です。ハードルを思い切り下げるか、思い切り上げるか。中途半端が一番良くないと思います。

「何でも書く」場合は、本当にその日にあったこと・書きたいことから何でも書くだけです。

「目的をもって書く」というのは、目的をもって情報をフィルタリングしながら収集することです。大事なのは、「目的」≠「目標」です。「目標」というと他者への憧れや、何となくこうなりたいというニュアンスが強くなります。目標であれば、手帳や日記の最初のページにでも書いておけばいいと思います。「目的もってノートを使う」というのは、完全に自分が主体。目的に向かって必要な情報や自分の行動だけを記録します。後述でもありますが、目的をもってノートを使う場合は、最初のページに「目的」を明記しておくといいと思います。目的意識が明確でないとノートが進まなかったり、ブレますから。

 

②分類せず時系列で記入する

アナログのノートのページで書くことを分類しようとするのは、かなり難易度が高いです。というよりは、途中で面倒になって書くことが嫌になってしまいます。

もし、情報を分類したいのであれば、完全にノートを分冊するか、スキャンしてEvernoteなりDropboxなりデジタル上で分類したほうがいいです。「分類」自体がその時の一時的な判断基準であり、将来的に「分類」の基準が変わるかもしれません。アナログだと融通が効かないので、分類目的であればデジタルのほうが数段良いと思います。

 

③日付を入れる

ノートは、スケジュール帳と違って、いつから使っても大丈夫です。逆にこれが、なかなな使いはじめられない要因にもなりますよね。左上でも右上でも今日の日付を記入するか、日付印を押してしまえば、もう後戻りできません。

 

④1ページ目から記入する

インデックスを書くために、最初の1ページ目を空けておくという例もよく聞きますが、自分はあまり好きではないです。インデックスにしろページ番号にしろ、書き始めた時は必要かどうか分からないものです。後で必要性を感じたら、裏表紙や巻末にでも書けばいいと思います。

最初に1ページに何を書くかは自由ですが、「目的をもって書く」場合は、1ページ目に、このノートはどんな目的で使うか、どのように使うかを記入することをおすすめします。使い始めは、はっきり意図があったとしても、時間が経てばだんだんと見失ってしまいがいちです。

 

⑤ノートを汚す

実際にノートに記入しなくても、持ちだして、無意味に触ったり、ページをパラパラめくったりしましょう。まっさらなノートが汚れたり経年劣化していくのが快感になります。いつまでもまっさらで綺麗なノートは、なかなか使いづらいものです。多少でも使用感が出てくれば、さらにどんどん書いて、自分色に染めていこうというモチベーションも上がるのではないでしょうか。

 

※超余談

最後に、自分がノートを使いはじめるときは、2ページ目→1ページ目の順に書き出します。1ページ目から埋めると、2ページ目を書いた時に、ウラ表紙に文字が写るのが嫌だからです。何となく、裏表紙は神聖な場所という思いがあり、常にキレイな状態にしておきたいもの。ノート1冊を使い終わった時、ウラ表紙に何も書かないこともあるし、何かしら書いていることもあるので、この場所だけは何となく、使うまではキレイに保っておきたいと思います。まぁ、下敷きを使えば解決するコトではありますが。

20150912152827

 


 

 

仕事手帳をモレスキンマンスリーラージに決めた3つの理由

20150912095221

 

ここ数年、ノートは使っても、アナログの手帳(スケジュール帳)は使っていませんでしたが、来年は久々に、モレスキンのマンスリーダイアリーラージに回帰してみたいと思います。

 

 

①なぜラージサイズか?

単純な理由は、大きいほうが書きやすいからです。

あと、持ち運びを考えた時、「手帳」というポジションに、完全にiPhone6+が鎮座しております。具体的には、Googleカレンダーで職場のPCと予定を完全同期しており、Evernoteで仕事上の知財の収集+プロジェクトの情報管理をし、雑務をタスクアプリでリマンドし… 過去、「手帳」でやってたことは、全てiPhoneで管理しています。

ポケットサイズの手帳だと、iPhoneと完全にバッティングしてしまいます。月間、週間など予定表が2個以上あると転記が大変だし、そもそも予定管理はGoogleカレンダー一択です。移動時間などのちょっとしたメモもペンと手帳を取り出すよりは、iPhone に入力したほうがずっと早い。

そういうわけで、自分の場合は、ポケットサイズの手帳よりは、iPhoneと棲み分けできるラージサイズのほうが用途が被らなくていいですね。

 

②なぜマンスリーか?

大きな「月間カレンダー」を持ち歩きたいからです。アナログの月間カレンダーを使う仕事上のメリットとしては、3つあります。

・締め切り管理(予定の逆算)しやすい

長期的なプロジェクトの進捗管理は、直感的に時間の量がわかったほうが良い。締め切りを逆算し、いつから何をしなければいけないかを瞬時に導くためには、アナログのカレンダーにザックリ書いて、詳細な予定をGoogleカレンダーに落としこむのが一番良いんじゃないかと思います。

 

・商談やMTGで締め切りや進捗の共有がしやすい

プロジェクトの行程などを打ち合わせる場では、アナログのほうが理解しやすい。少なくとも、話し相手にとっては、目の前で、タブレットやスマートフォンを操作し見せられるよりは、紙にその場で書き出してくれたほうが、分かりやすく記憶に残りやすい。

 

・過去の仕事を振り返りやすい

過去の情報を引き出すトリガーは、アナログ+時系列のほうが秀逸です。仕事をしていると、莫大な量の情報が蓄積されると思います。詳細情報は他所(PCや書類)に格納しているならば、それが必要になった時に取り出せるためのトリガーがあったほうがいい。人間の頭の中はカテゴリーよりも時系列で管理されているので、日付やキーワードなどのアナログ情報をきっかけにしたほうが、過去の仕事ログや情報を見つけやすくなると思ってます。

 

③なぜモレスキンか?

20150912095414

スマートな外観、安定供給、書きやすさなどの理由もありますが、一番気に入っているのは、フォーマット。モレスキンのマンスリーダイアリーのフォーマットは、1年間通して使う上で、シンプルで無駄なく使いやすいです。

20150912095253

巻頭の年間ページは、定例行事を記入。

20150912095326

 

マンスリーページに、確定した予定や締め切りを記入。

20150912095338

 

月単位のノートページ(見開き2ページ)におおまかなトピックスやToDoを記入。

20150912142813

巻末のフリーページ(49ページ)に、テーマ(プロジェクト)単位のメモや、仕事で必要な数字などの覚書を。1年間、仕事に関する時系列のメモをとるには足りませんが、繰り返し見返すような情報のみを書き出す分には、十分かと思います。

最後に、モレスキンのマンスリーラージは、コアなリピーターも多いようです。年始に買おうとしたら売り切れていたことが何度かあったので、今年は早めに購入しました。興味ある方は早めに入手しておくことをおすすめします。