カクリエ プレミアクロスはトラベラーズノートのリフィルの最適解か。


IMG_3021

カクリエ プレミアムクロスを購入(写真右) 従来のものと比べ「紙質」 と「耐久性」が上がっているらしいです。表紙のアクセントカラーも、グレーからゴールドに替わっています。あとページ数も20ページ増えました。

カクリエは、トラベラーズノートの純正リフィルと比べ、糸綴じで180度開くという優位性があるものの、万年筆が裏抜けするという弱点もありました。今回のプレミアクロスは少し高いものの、万年筆が裏抜けしないため、弱点が無くなったといっても過言ではないと思います。

価格は、従来のものが380円(税別)で80ページなので、1ページあたり4.75円。プレミアクロスは680円(税別)で100ページ=1ページあたり6.8円。従来のカクリエと比べると、約1.4倍のコスト高になります。ちなみに、トラベラーズノート方眼紙300円64ページ=4.68円、軽量紙400円128ページ=3.12円なので、軽量紙と比べると、約2倍のコストアップになります。

IMG_3022

(画像上がプレミアクロス) 表紙の厚みや固さはあまり変わらないものの、表面の加工がきめ細かくなって、より丈夫になっている感じです。長く使っていれば、違いが出てくるのでしょうか。背表紙の部分の仕上げが変わって、色も黒で統一されているのが、個人的には好印象です。外観は、モレスキンに近づいた感じです。

IMG_3023

(画像上がプレミアクロス) 紙自体、見栄えはほとんど変わりませんが、なんとなく表面が滑らかになったような気がします。まだ実際に万年筆の書き心地は試していませんが、期待できそうです。

 

最近、トラベラーズノートをはじめ、「A5スリムサイズ」や「A4 三つ折りサイズ」がトレンドのようですね。各社から、手帳やノートで似たようなサイズが多数出ております。

名称 サイズ(T×W) サイズ合致度
トラベラーズノート純正リフィル 210×110
MOLESKINEチャプターズジャーナル スリムラージ 210×115
カクリエ 215×105
リスティ1、リスティ2 219×123
ユナイテッドビーズA5スリム 210×120
ミドリプロフェッショナルダイアリー 216×125
ダイゴーアポイント手帳 212×114
ジブン手帳 210×136
ジブン手帳mini 190×120
ブラウニー手帳ダイナリー 210×130
ほぼ日WEEKS 187×94

トラベラーズノートの革カバーにジャストサイズの純正品もいいですが、好きなフォーマットの手帳やノートを無造作に挟むのも、使う人の個性が出ていいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation