デジタル機器 断捨離の結果、残ったものは…


MacBook Pro in Coffee Shop

デジタル機器の断捨離をした結果、残ったのは、15インチのMacBookProiPhoneだけになった。MacBookAirもiPadも手放した。

以前、iPadやMacBookAirの新作が出るたびに買い換えていた時代と比べても、現行のiPadProやMacBookなんかのほうが、スペックも薄さも圧倒的に良い。しかし、自分のような一般消費者にとっては、オーバースペックになってきている。

さらに最近は、クラウドを中心とした「ソフト」が主体になってきているから、あんまり「ハード」にこだわりが無くなってしまった。たとえAppleの最新機種を手に入れたとしても、便利さは劇的に変わらない。言い換えると、今はどんなPCやスマートガジェットも一定水準になってきたので、「便利さ」が「ハード」に依存する割合が少なくなってきたと思う。

今、自分にとって重要なデータは、ハードの中にはなく、ほとんどWeb上に存在する(HDDにバックアップはしているが)
・Googleカレンダー(スケジュール)
・Evernote(仕事ログ、個人情報、調べものログ)
・Dayone(旅行記録・ライフログ)
・Dropbox(仕事のドキュメント)
・iCloud(個人用の素材)
・Todolist(タスク)
・MoneyTree(金銭管理・支出ログ)
・Tapform(パスワード・個人用データベース)
・WordPress(ブログ作成)
その他、SNSやECなどアカウント登録しているサイトまで含めると、web上に保存している個人的なデータは、膨大な量になる。しかも、上記のようなソフトは、どのデバイスでも最新に更新されたデータで使用可能だ。これだけソフトの汎用性が広がるとiPhoneだけで十分対応できるので、よっぽど特化した仕事でない限り、タブレットやラップトップをわざわざ持ち歩く必要性を感じない。

MacBookAirが全盛だったころ、周りの知り合いも何人か持ってたけど、結局、今はWindowsPCを定期的に買い換えている。そもそも、そこそこ高額なハードを持ち歩いて、カフェでノマド気取りでやる仕事なんで、そんなに無い。外に持ち出さないならiMacでもいいのだけど、それでも、いざというとき外で使う可能性もあるので、MacBookPro 1台に絞った。

そんなわけで、消費型のデバイスたちをさっぱり断捨離した今、中途半端になっていたMacOSやWordPressを使いこもうと思っている。部屋からテレビや漫画を排除して、勉強に集中する受験生のように。

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation