モレスキンとトラベラーズノート、さらにEvernoteの使い分け


Notes to the cabin, from past retreatants

今回は、具体的な使い分け例というより、考え方のはなし(どのツールもメジャーだし、自分も既に5年くらい使っているので、いまさら感はあるけど)

とりあえず画期的なアイデアはないけど、ツールを使うことが目的にならないように、交通整理しておきたい。同じようにアナログとデジタルのノートを複数運用していて、使い分けに悩んでいる人には、応用が利く内容じゃないかなと思う。

 


 

モレスキンとトラベラーズノート、さらにEvernoteの使い分け

 

自分も最初は用途が被ったり無駄なことをしていたけど、長期間使ってきて、それぞれの得手不得手を把握した結果、自然に下記のような使い分けになってきている。

Evernote今必要じゃない情報

モレスキン今頭の中に入れておきたい情報

トラベラーズノート  = 忘れたくない記憶・体験

 

Evernote

Evernote

仕事の時系列ログ、アイデアメモ、調べものした情報、その他個人情報など、あらゆる情報を入れている。
常に参照しない情報は、関係ない時は頭の中から一旦外しておきたい。今必要じゃないけど、将来必要になりそう。そういった情報を片っ端から放り込んでおけて、必要なときにキーワードやタグで一発検索できるのがデジタルの強み。
逆に、Evernoteに保存しないものは、毎日更新するようなデータや賞味期限が極めて短いネタくらいで、それ以外ほとんど保存していってると言っても過言ではないくらい。

結果何が残るのか?→ Googleとは違う、自分だけの「データベース」

 

MSK

モレスキン

仕事用として常に携帯し、今必要な情報や知識をまとめている。
具体的には、いろいろ断片的に入ってくる情報を整理しながら一旦紙に落とし、そのイメージをもう一回、頭の中に入れ直す感じ。頭の中にイメージが焼き付くまで、繰り返し見直すことも少なくない。逆にいうと、無意識に見てしまうかたちをつくれるのが、アナログの強み。
モレスキンはページ数が多いから、しばらくはこれに書いておけばよいという安心感がある。また180度開いたままキープできるので、デスク上でPCを操作しながら記入しやすい。そして、ノート使い切ったあとは、今必要でないが保存すべき情報はスキャンしてEvernoteに格納し、今必要な情報は新しいモレスキンに再度書き出す(最新の内容でアップデートしながら)
これの繰り返しで、常に1冊のモレスキンが、自分の鏡でもありバイブルでもある存在になっている。

結果何が残るのか? → 仕事等を通じて得た、自分だけの「知財」

 

TR_regular

トラベラーズノート

日常で感じたこと・体験・旅の記録を記録したりスクラップブッキングしている。
様々な体験やその時の感情などは、時間とともに記憶から消えていくもの。その時手にした紙ものをスクラップしたり、簡単なイラストや地図を書いておくことで、後から思い出すときに、さらに臨場感のある記憶を呼び起こせる。デジタルよりも、自由度が高い紙だからこそ、その時の記憶を忠実に記録できるんじゃないかなって思う。

結果何が残るのか? → 自分だけの体験(冒険)の「記録」

 


この使い分けにしてから、割とうまく回るようになってきたと思う。

というより、日々ノートを書いていて「何のためにやってるのだろう?」って自問したとき、「未来の自分にとって価値の在るモノを残すため」って、自信をもって言える気がする。あまり堅苦しく考えるのもよくないけど、目標や目的があると、日々使うものを使う楽しさがより一層増すんじゃないかなぁ。

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation