タスク管理ツールをTodolist → asana に移行した

25:366:2016

テスト的に、タスク クライアントを「Todolist」から「asana」に移行してみた。

自分が、タスククライアントに求める条件は、

  • PCとスマホの両方で同期できる
  • タスクの追加方法がシンプル
  • 階層化(サブタスクが設定)できる
  • 詳細な繰り返し設定ができる
  • 全タスクが一覧できる
  • 今日やるタスクが明確
  • UIがスマートで無駄が無い
  • 無料でしっかり使いたい

こんな感じだけど、一番大事なのは、細かい操作などなくストレスフリーなこと。Todoistは、かなり理想に近い。

 

しかし、Todolistで一番不満だったのが、「今日やるタスク」を設定するまでのフロー。確かに「今日が期限」のタスクは「今日」のボックスに表示されるが、今日やるタスクは今日が期限のタスクとは限らない。今日が期限でも今日やらないケースもあったりする。随時、タスクリストの一覧から、今日やるタスクの振り分けができのが理想。いちいちタスク毎にフォルダを移動したりするのは面倒くさい。

特に、自分にとっては、「タスク一覧を俯瞰して、今日やるタスクを拾い出す」というスキームがどれだけスムーズにできるかが重要。プロジェクトやフォルダ分けできても、いちいち開いて確認したり、フォルダ間を移動させるタイプのものは、いつも面倒くさくなって挫折してしまう。

 

Asana-Logo_Full-Color-Mark

 

 

asanaの場合、「MY TASKS」上の表示に従って、

  • 「NEW」   →タスクを追加したら最初にここに表示されるので、INBOXとして運用。
  • 「Today」  →今日やるタスク
  • 「Upcoming」  → 今日のタスクが終ったら、次にやるタスク(今週やるタスク)
  • 「Later」  →後回しするタスク(来週以降にやるタスク)

という感じで、勝手に解釈して使っている。

ブラウザ版でもスマホアプリでもドラッグ&ドロップで移動できるので、タスクの振り分けが楽なのが良い。

また、「Instagantt」という無料のガントチャートソフトにも連携しており、asanaと双方向同期できるので、プロジェクトの進捗管理がしやすい。こちらもUIがスマートで好みな感じ。ブラウザ版のみのため、スマホアプリは無いけど。

チームで共有しないと本領発揮しないソフトだけど、個人使用でも、意外に使い勝手は良いと思う。タスク毎に「誰がやるか(Asignee)」を設定できるのだけど、自分が実際にやるタスクのみ、自分がアサインすることで、アサインされていないタスク=他者(会社の別の人間や取引先)に委託しているタスクとして認識している。プロジェクトにおいては、あらゆるスキームの進捗管理しなきゃならないから、丁度よい。

 

昔から、Todo管理アプリを使うのが好きで、いろいろ使ってきたけど、最近は、GoogleカレンダーのToDoリストくらい直感的に使えるものが好み。見た目や操作性がシンプルで、設定段階でできるだけ自動化できるサービスが出てくれば、またいろいろと試してみたいと思う。